New Zealand Life

New Zealand Life

ニュージーランドの生活と気になるニュースをお届け

永住権を取得しました

永住権を取得

実に1年半以上ぶりのブログ更新です。

遂にニュージーランドの永住権(Permanent Resident Visa)を取得しました!

実は2022年末に取得していたんですが、年末の忙しさで疲れたからなのか、もうビザの心配が無くなったという安心感からか、ブログが放置状態になり報告がすっかり遅くなってしまいました。

気が付けばもう2024年の6月末…。こうやって更新されずに放置されるブログが誕生していくんですね。

長い道のりだった

思い返してみると永住権取得までの道のりは本当に本当に本当に本当に長かったです。それまでに何度も何度も「もう嫌だ!帰国して楽になりたい!!」と思うほどのトラブルに見舞われ、その度に家族一丸となってギリギリ問題をクリアしての永住権。

よく奥さんとは「よく我が家が永住権を取得できたね」という話をします。というのも、我が家は経済的・職業的に中流オブ中流、中流ど真ん中の家庭だからです。お金持ちでもなければ、誰もが知る一流企業に勤めていたというような輝かしい経歴も持っていませんし、有名人でもインフルエンサーでもありません。

そんな我が家が永住権を取得できた理由があるとすれば、「いつも誰かが助けてくれた」それから「運が良かった」これに尽きます。もちろん永住権取得に向けて出来ることは家族みんなで全力で取り組みましたが、これは誰でもやっていることなので、違いがあるとすれば運が良かったということぐらいだと思います。ピンチに陥って、もうダメだ!という状況になると誰かが助けてくれたり、急に道が開けたり。

私達家族を助けてくれた人達には感謝してもしきれません。

これからのこと

我が家のニュージーランド移住において最大の目標ともいえる永住権取得は叶ったので、これから何を目標にニュージーランドで生きていくかはまだ決まっていません。とりあえず日々の生活を大切にしていけたらと思います。

 

印象が全然ちがう

印象が全然ちがう

娘に関したとあるお祝いごとがあって、娘にどんなお祝いにしたいか聞いたら「家で焼き肉がしたい」と言うので薄切りの牛肉を買いました。

ニュージーランドの大手スーパーマーケット(CountdownとかNew Worldとか)では日本で見かけるような薄切りのお肉はあまり売っていません。

こういったお肉は中華系のスーパーマーケットで購入することができます。

今回購入した薄切り肉はこちら。野菜もたっぷりあるし、冷凍イカゲソもあるし、お肉は450グラムもあれば足りるかと思って1パックにしました。

 

家に帰って薄切り牛肉のラベルをまじまじと見ていたら・・・。

 

牛 肉 片

肉片って書かれるとお肉の端っこの部分みたいであんまり良い部分じゃないみたいな印象を受けませんか?(笑)

念の為グーグル先生に翻訳してもらったら、

肉片という中国語は日本では薄切り肉という意味になるらしい。

なるほどー。ひとつ賢くなりました。

そんなこんなで、電気式のホットプレート的な道具を使っておうちで焼き肉パーティをして家族みんな大満足でした。

薄切り肉が少し余ったので、次の日の夕飯に牛丼にしていただきました。

応援おねがいします

ブログランキングに参加中です。

下記バナー・リンクをクリックして応援おねがいします!

永住権を申請しました

永住権の申請

我が家が居住ビザ(Resident Visa)を取得してから2年。

ついに永住権(Permanent Resident Visa)を申請しました。

永住権は居住ビザを取得してから2年間のうち1年目と2年目の半分以上をニュージーランドで過ごせば申請することができます。

永住権の申請費用

永住権の申請費用は、日本人の場合はなんと無料で申請できます!

今まで1回のビザ申請に一人当たり数百ドルを支払っていたことを考えると嘘みたい。

ありがたいなー。

永住権の審査期間

現在は永住権申請の90%が5カ月以内に審査を完了しているようです。

早ければ50%の申請が77日以内、75%が3ヶ月以内に審査完了しているようです。申請が却下されることは無いと思うけれど、我が家の申請が77日以内に承認されるといいなぁ。

各ビザの情報

各ビザの申請方法や要件は ニュージーランド移民局のサイト で確認できます。

応援おねがいします

ブログランキングに参加中です。

下記バナー・リンクをクリックして応援おねがいします!

ニュージーランドのインフレがヤバイ

インフレを実感

ニュージーランドのインフレ率が7%を超えてヤバイよヤバイよと言われて久しいですが、最近になってインフレを実感することがありました。

それは卵の価格です。食料品をはじめ、色々なものの値段が上がってきているけれど最近の卵の価格の値上がりは尋常じゃありません。

去年あたりまでは1個あたり25~30セント程度だった卵の価格が、最近では安くても1個45セントになっています。25セントだった頃と比べると元の価格の180%!!

卵は庶民の僕にとって高嶺の花になってしまいました・・・。
いつか卵の価格が落ち着く日は来るんでしょうか。来るといいなぁ。

応援おねがいします

ブログランキングに参加中です。

下記バナー・リンクをクリックして応援おねがいします!

Specsaversで目の検査

目の検査

先日はNZに移住してから初めて目の検査を受けてきました。
NZでは2年に1回の目の検査が推奨されているようなんですが、今まで一度も受けたことがありませんでした。

だけどプログラマーという仕事柄一日中パソコンの画面に向かっているので、視力の低下やドライアイ等が気になっていたので念の為にSpecsaversで目の検査を受けることにしました。

SpecsaversはNZに多くの支店を持つメガネ屋さんで目の検査を有料で受けることもできます。目の検査の予約はウェブサイトから簡単にできて便利でした。検査を受けたい店舗、日時を選んで連絡先を入力するだけで完了!

www.specsavers.co.nz

検査を受けてみた

指定した時間にお店に行き、店員さんに目の検査の予約をしていることを告げるとすぐに検査をする個室に通されました。

個室の中にはよくメガネ屋さんに置いてある視力検査をする機械に似たものが2台ありました。店員さんの指示のもと検査は10分ほどで終わり。その後は同じ部屋にあるタブレット端末を使って聴力の検査(ヘッドフォンをして音が聞こえたタイミングでボタンを押すやつ)も受けられました。

それで検査は終わりかと思ったら、今度はまた別の個室に通されて更に詳細な検査を受けました。また視力検査や現在の目の状態にあうレンズの選定もしてもらえました。今回の検査結果が、Specsaversで眼鏡を購入するときに使えるようです。

検査費用は全部で$60。色々と詳しく調べてもらえてこの価格は良心的だと思いました。ちなみにAAのメンバーだと目の検査が年1回無料で受けられるそうです。

検査を終えて

検査後は店員さんに案内され眼鏡の試着。
購入する気は無かったけれど、折角来たので色々と試着しました。

僕は丸くて小さめのレンズが好きなんだけど、小さいけど角ばっていたり丸いけど大きかったりで僕の眼鏡にかなうデザインはありませんでした。(メガネ屋さんだけに)

それに値段を見たら1つ$499。そんな高いの買えないよ・・・。
と思っていたら、店員さんが僕の心を読んだのか「今なら2つで$299ですよ!」と。

何そのビックリディスカウント。安すぎて普段の値段で買えなくなるレベル。
しかし、いくら安くても気に入ったデザインが無かったし、もともと買う気も無かったので今回は見送りました。

また2年後に目の検査を受けてみようかな。

こんな雰囲気のメガネたち

応援おねがいします

ブログランキングに参加中です。

下記バナー・リンクをクリックして応援おねがいします!